阪大歯技会 会員各位

会長挨拶

大阪大学歯技会会長 西 康文

 新緑の候、会員の皆様に於かれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
 この度、令和元年度同窓会臨時代議員会において、同窓会長に就任致しました第20期生の西康文です。10年程以前に、専務、副会長として会務に携わらせていただいておりましたが、縁あって再度携わらせていただくこととなりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 今年は、母校である大阪大学歯学部附属歯科技工士学校は創立60周年を迎えました。心からお祝い申し上げます。歯科技工士学校の歴史は、昭和2年に医学部付属病院歯科においての歯科技工見習い教育に始まり、昭和26年歯学部の創設時に引き継がれました。そして昭和35年4月に国立学校設置法に基づいて、西日本初の歯科技工士養成機関として大阪大学歯学部附属歯科技工士学校としてスタートし、池邉学校長のもと60周年を迎えることとなりました。

 併せて母校同窓会である「大阪大学歯技会」は創設40周年を迎えました。母校創立以前の同窓会「技研会」と母校同窓会「技学会」が昭和56年に組織融合し「大阪大学歯技会」となり現在に至っております。発足以来、歴代執行部の皆様のご尽力に敬意を表しますと共に、永年にわたりその活動を支援してくださいました諸先生方をはじめ、関係団体、関係各社そして会員の皆様に感謝申し上げます。

 本来ならば、この6月に前会長である吉川執行部の下で準備を進めていた記念式典、記念講演そして記念祝賀会を開催する運びとなっていましたが、ご存じのとおり未曾有のコロナ禍の影響により中止となった次第であります。しかしながら前執行部のご尽力のもと、周年事業記念誌を発刊することが出来ましたことを改めて感謝いたします。緊急事態宣言が全国に拡大され、感染拡大の収束が見えない中、自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守るためには我慢の時です。

 そのような中でスタートしました新執行部でありますが、人間でいうところの還暦を迎え、新たな活動手段を模索していこうと考えています。役員の顔ぶれも若返りをはかりフレッシュな発想を取り込んでいくことが出来ればと考えています。日々の生活に追われる中、ふと思い出す学生時代や青春時代を振り返った時、老若男女を交えて会員同士の情報交換の場となれるよう努力してまいりますので、より一層のご協力ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 結びに、記念誌発刊にあたり賛同をいただきました諸先生方はじめ、関係各社ならびに同窓会員に対しまして厚く御礼申し上げます。そして、大阪大学歯学部附属歯科技工士学校ならびに大阪大学歯技会のさらなる発展と皆様のご多幸を祈念し、ご挨拶といたします。
 

 


阪大歯技会 会員各位

大阪大学歯学部附属歯科技工士学校創立60周年並びに
大阪大学歯技会発足40周年記念事業中止のご連絡

謹啓
春分の候、皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます.
平素は大阪大学歯学部附属歯科技工士学校ならびにその同窓会であります大阪大学歯技会に格別のご厚情を賜り有難く厚くお礼申し上げます。

さて、先日の会員だよりにてご案内いたしましたように、我らが母校大阪大学歯学部附属歯科技工士学校は本年をもって創立60年を迎えることとなりました。また、大阪大学歯技会は発足40年となり、この記念すべき節目にあたり、母校と共同開催にて記念行事を執り行う予定となっておりましたが、ご承知の通り新型コロナウィルス肺炎が全国的な感染拡大が起きております事態への対処として、母校の判断により記念式典の中止を決定いたしました。これを受けまして大変残念なことではありますが、同日予定の同窓会主催の記念祝賀会も中止させていただく事になりましたので、お知らせいたします。

尚、歯技会会誌の記念特集号につきましては、改めて内容を検討した上で準備を進めてまいりますので、別紙ご案内のとおり会員皆様から原稿を多数お寄せいただきたくお願い申し上げます。(会誌原稿依頼の文書はすでに印刷済みでしたので、記念行事中止を前提に必要に応じて文言を読み替えてお受け取り頂きますようお願いいたします)

また、私が会員だよりにて申し上げましたが、執行部役員の後継者不在の理由により活動継続が危ぶまれた件に関しまして、評議員皆様の承認を頂き同じく同封いたしました書面のとおり無事に次期執行部体制が確立し、引き続き同窓会活動が可能となりましたことをご報告させていただきます。

またその陰では、新執行部の後援者に名を連ねておられる元会長の四氏が同窓会の運営継続のため役員の確保に奔走してくださいました。新体制はその並々ならぬ情熱とご努力の成果であることに、特に本書面を借りて深甚なる感謝と敬意を表します。

末尾になりますが、会員皆様の一層のご健勝、御多幸を心よりお祈り申し上げます。

真に有難うございました
敬白

令和2年3月吉日
大阪大学歯技会 前会長 吉川 昇平

 


令和2年3月吉日

会員各位

大阪大学歯技会

会誌編集委員長  吉川 昇平

 

母校創立60周年、歯技会発足40周年特集号会誌への執筆依頼の件

 

拝啓 新緑の候、その後ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、同窓会運営に何かとご配慮をいただき誠にありがとうございます。

さて、ご承知のとおり、本年が母校創立60周年ならびに歯技会発足40周年という節目の年となりました。そこで例年発刊しております歯技会誌を記念行事特集号(仮称)として発刊することとなりました。

つきましては、ご多忙中誠に恐縮ですが、下記要項により会員寄稿文をご執筆くださいますようお願いいたします。 一件でも多くの投稿をお待ちしております。

なお、お手数ですが期限までにお送り頂きたくお願い申し上げます。

 

 

1.掲載誌名  大阪大学歯技会2010第32号「母校創立50周年記念誌」

2.執筆内容  1.会員寄稿

(副題を付けて下さい。尚、内容は問いません、写真もOK)

2.想い出の品、風景などの写真(できれば画像データ)

とコメント文章、等。

3.分 量  400~800字程度(越えてもOKです)

※ただし編集の都合上、手書きではなくワープロ等でお願します。

4.期  限  5月29日(金)までに必着のこと

6.原稿送付先(この件のお問い合わせ先)

〒533-0014 大阪市東淀川区豊新 5-12-15

特集号編集委員会“会員通信”担当 上原禎治 (22期)

演題投稿フォームへ

よろしく追願いたします。


<ホームページ充実の実施中です!! >
ご意見ご要望をお寄せください
歯技会ホームページ掲載原稿・資料⇒随時募集自主研究の成果やその他趣味などで掲載希望の御連絡をお願いします。(掲載の適否は広報担当に御一任ください)
※先ずは内容についてお問い合わせください。


歯技会誌

阪大歯技会では、2011年12月発刊の33号から同窓会誌「歯技会」をホームページ上に掲載することとなりました。≪詳細へ≫

これを機に同窓生の皆様の交流が深まれば幸いに存じます。

尚、同誌はPDF形式での掲載となりますので、閲覧には、最新のAdobeReader(無料)をインストールしてご覧ください。

 

歯技会誌32号記念誌をアップしました。

歯技会誌32号
「母校創立50周年・歯技会発足30周年記念誌」
(PDF)アップいたしました。  ≪詳細へ≫

MENU