秋は読書の季節:FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、、、

秋は読書の季節:FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、、、

秋は読書の季節:FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、、、

漸く夜風が涼しく感じる季節になりました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて本日は、書籍の紹介です。
ご存知の方も多いかもしれませんが、ハンスロスリング先生の「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」

この書籍については、私が非常勤で講義を担当している関係法規の中で取り上げたり、講演の中で「歯科技工士の未来が明るい」ことの根拠を支えている考え方として紹介しています。

では、どんな書籍かというと 要約まとめ でサクッと確認してみてください。

ポイントは、
以下の「10の思い込みに支配されてはいけない!」ということです。
1.分断本能 「世界は分断されている」という思い込み
2.ネガティブ本能 「世界がどんどん悪くなっている」という思い込み
3.直線本能 「世界の人口はひたすら増える」という思い込み
4.恐怖本能 「実は危険でないことを恐ろしい」と考えてしまう思い込み
5.過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要」という思い込み
6.パターン化本能 「ひとつの例にすべてがあてはまる」という思い込み
7.宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
8.単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
9.犯人捜し本能 「だれかを責めれば物事は解決する」という思い込み
10.焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

私の講義の中では、この考え方を基盤として技工業界の統計データ分析から 競争相手の少ないこれからの技工業界は有望だと結論付けています。

大変勉強になる本なのでお薦めします。

時間のない方は、YouTubeで「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 」を調べてみてください。

では、また。。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。